KITAKAGAYA FLEA 2018 SPRING & ASIA BOOK MARKET

NEWSお知らせ

トークイベント【ここがおもしろい! 「KITAKAGAYA FLEA 2018 SPRING & ASIA BOOK MARKET」】スタンダードブックストア心斎橋にて開催!

韓国、台湾、香港、そして、日本国内の書店や出版社、約70団体が集まり本や本にまつわるアイテムを販売する「ASIA BOOK MARKET」。

昨春に第1回を開催し、出店者、および全国各地からの来場者とともにとても貴重な時間を共有することできました。その後、韓国と香港や、日本と台湾の新たな動きなど、このマーケットを皮切りにいくつかのプロジェクトが実際に始動しています。

そして、2回目となる本年はクラウドファンディングにもチャレンジしています。そこで、東アジアの書店、出版事情に目を向けつつ、新たな可能性を模索する「ASIA BOOK MARKET」の魅力をコーディネーターである綾女欣伸、内沼晋太郎、田中佑典と発起人である松村貴樹の4名が開催を前に
【ここがおもしろい!「KITAKAGAYA FLEA 2018 SPRING & ASIA BOOK MARKET」】
と題して話します。

東アジアの書店、出版の動きから、イベント各出店者の紹介、イベント内のトークやパフォーマンスについての見どころなどもご案内します。

昨年参加されたみなさまも、今年が初の参加になるみなさまも、ぜひバージョンアップした「ASIA BOOK MARKET」を、より楽しむためにぜひ、スタンダードブックストア心斎橋にお集まりください。

日時 2018年5月4日(金)
開場11:15 開演12:00
※終了は14:00頃を予定

会場 スタンダードブックストア心斎橋カフェ
大阪市中央区西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビルBF
TEL 06-6484-2239

料金  1,200円(1ドリンク付)

予約方法 詳細はスタンダードブックストア心斎橋 公式サイトにてご確認ください。

 

内沼晋太郎

 

1980年生まれ。numabooks代表。ブック・コーディネーター、クリエイティブ・ディレクター。往来堂書店(東京・千駄木)に勤務する傍ら、2003年book pick orchestraを設立。2006年末まで代表をつとめたのち、numabooksを設立。著書に『本の逆襲』(朝日出版社)など。

 

田中佑典

1986年福井県出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。アシスタントプランナーを経て、日台をつなぐカルチャーマガジン「LIP」を刊行。現在では、日本と台湾を行来し日台間での企画やプロデュース、クリエイティブサポートを行う。

 

綾女欣伸

1977年生まれ。インディーズ音楽レーベルを経て、編集者(朝日出版社)に。〈アイデアインク〉シリーズ、武田砂鉄『紋切型社会』、Chim↑Pom『エリイはいつも気持ち悪い』などを編集。韓国・ソウルの書店や出版社を取材した『本の未来を探す旅 ソウル』(内沼氏との共編著)を2017年に刊行。その台北編を同じく年内に刊行予定。

 

松村貴樹

1976年生まれ。LLCインセクツ代表。ローカル・カルチャー・マガジン『IN/SECTS』編集長。出身は京都府八幡市。21歳で単身渡米、ニューヨークで5年過ごす。帰国後、フリーランスを経てLLCインセクツを設立。2009年の春、『IN/SECTS』を創刊。